・総量規制について
平成22年6月18日をもって完全施行となった貸金業法(消費者金融などの業者の業務などに対しての法律)により、個人の借入総額が原則として年収などの3分の1までに制限されました。(ただ、一部除外もしくは例外となる場合もあります。)
これを総量規制といいます。
つまり、いくつかの業者から借入れをしていたとしても、その借入額の合計が年収の3分の1になれば、それ以上新規で借入れをすることができないということです。
この総量規制は多重債務などの債務問題の解決につながる一面も持っている一方で、消費者が必要な金額を借入れできないといった問題点も指摘されています。
ただ、この総量規制というの消費者金融などの貸金業者にのみ適用される法律ですから、銀行には適用されないのです。
ですから実際は、総量規制を受けないキャッシングやカードローンというのも多く存在するのです。なので中には、総量規制により全く影響を受けなかったという方もいるのではないでしょうか。
・キャッシングの3つの種類
キャッシングは、大きく分類すると「銀行系」「信販系」「消費者金融系」の3つに分類することが出来ます。それぞれ審査スピードや融資限度額、利息などの条件も異なっています。
そんなそれぞれの特徴についてご紹介します。
まず銀行系です。銀行系は、銀行や銀行の子会社が提供しているキャッシングサービスです。審査は厳しくなりますが、豊富な資金と安定した経営が魅力。さらに低金利で利用することが出来るというメリットもあります。
そして次に信販系です。クレジットカード会社が行うキャッシングサービスを信販系といいます。銀行系よりもやや高めの金利が設定されています。銀行系に比べるとやや審査基準が甘めに設定されています。ATM機なども多く普及しているので手軽に借り入れを行うことが出来るメリットもあります。
そして消費者金融系です。銀行系や信販系などに比べると上限額は低く、利率は低めになっています。しかし、審査基準が甘めに設定されているため、即日融資が可能な場合もあります。ATM機なども普及しているので、信販系と同様、手軽に借り入れを行うことが出来ます。
・ネットから申し込み?方法
キャッシングの申し込み方法は、「店頭での申し込み」「インターネットでの申し込み」「無人契約機申し込み」となります。
最近多くなっている、インターネットによる申し込み方法をご紹介します。
まずはパソコンや携帯電話からキャッシングサイトに入り、申し込み手続きを行います。名前や住所などの個人情報を入力する申込フォームがあるので、そこに必要事項を入力しましょう。
そして情報を送信すると、キャッシングの審査が行われます。審査が完了すると、後日確認のための電話が入ります。電話確認が終了すると、口座へ融資振込みが行われます。
そして後日、契約書が郵送されてくるのです。その契約書の必要事項を記入し、返送します。その後、カードと契約書の控えなどが郵送されてきます。これでインターネットでのキャッシングが完了となります。当日融資を考えている方は、受付時間が午前中までと定めている業者も多いので、必ず事前に確認をとっておくようにして下さい。
・注意しなくてはなら?ないこと
キャッシングは、急な出費でお金が必要になってしまった時・資金繰りでお金が不足してしまった時などに利用する方が多いと思います。
キャッシングはとても手軽に利用することが出来るものです。きちんと返済を行えば、何度でも利用することが出来ます。しかし利用しやすいだけに充分に注意しなくてはいけません。
自分の返済能力を超えた金額を借り入れしてしまうと、返済することが出来なくなって大変な状況に陥ってしまうことがあります。借り入れを行う際は、利息も含めて自分の返済能力に見合った金額を借りるようにしましょう。
また、急なお金の入用に焦ってしまった際にも、悪徳業者だけには手を出さないように気を付けて下さい。悪徳業者は審査が甘くすぐにお金を借り入れることが出来ますが、後々大変なことになってしまいます。
キャッシングは、あなたの生活をよりよいものにするためのものです。無理のない計画をたて、しっかりと考えてから借り入れを行うようにしましょう。
・会員規約で確認する?ポイント
会員規約はしっかりと目を通していますか?細かい字でたくさんの文章がかかれているので、ついつい読み飛ばしてしまうという方も多いでしょう。しかし、会員規約には非常に重要なことが書かれています。ですので、必ず確認しておきたいポイントだけは押さえてしっかりと目を通しておきましょう。
まず確認したいのが「利用限度額」です。この利用限度額というのは、今現在いくらまでお金を借り入れることが出来るのかを表したものです。
そして「期限の利益の損失」も重要です。返済が遅れたり契約内容に偽りが発見された際などには、債務の全額を即刻返済するという決まりがあります。契約に反するとそういったことも十分あり得るので、マナーとモラルをもって利用するようにしましょう。
「届け出事項の変更額」も確認しておきましょう。登録指名・住所・電話番号などの変更があった場合は必ず届け出る必要があり、忘れてしまった場合にはカードの一時停止や利用限度額の減額対象となってしまいます。会員規約に記載された期間を守って変更するようにしましょう。
・利息を計算で出す場?合
利息を計算で出したい場合は、以下のことを覚えておくといいと思います。まず、元金にしか利息が発生しないということを覚えておきましょう。ですから利息に利息がつくといったことはないのです。
この利息に利息をつけることを重利といいますが、これは貸金業において禁止行為となっています。続いて、利息というのは借入れした日数分にしかかからないということを覚えておきましょう。ですから早く完済した方が利息負担額も少なくなるのです。
この利息を導き出す計算式はこちらです。【元金×利率÷365日×利用日数=利息】
では以下で例を挙げてご説明します。
●年利20%の業者から10万円借入れした場合1年後にその10万円を完済するとなれば、利息は10万円×0.2で20,000円です。
30日後にその10万円を完済するとなれば、利息は10万円×0.2÷ 365日×30日で1,644円です。
この様に完済までの期間によって、利息は大きく違ってくるのです。
・CRINについて
全銀協・CIC・全情連(日本信用情報機構)という3つの個人情報信用機関に寄せられる、いわゆるブラック情報の共有システムをCRIN(Credit Information Network)と言います。
クレジットカード会社などの金融機関が信用の置けない人物に融資することのない様に、ブラック情報を共有するというシステムがつくられたのです。

【日本信用情報機構とは】
株式会社日本信用情報機構(Japan Credit Information Reference Center Corp.
略称:JICC)とは、個人信用情報を収集したり提供したりする機関のことです。信用情報というのは、クレジットカードやローンなどの契約内容や返済・支払いの状況、利用残高などに関しての情報のことです。つまり期日通りにきちんと返済されているかなどの返済履歴も、この信用情報に含まれているということです。新規でクレジットカードやローンなどを申し込む場合に、その人にはどれ程の信用力があるのかを判断するために、この信用情報が用いられるのです。
ただ、この総量規制というの消費者金融などの貸金業者にのみ適用される法律ですから、銀行には適用されないのです。
ですから実際は、総量規制を受けないキャッシングやカードローンというのも多く存在するのです。なので中には、総量規制により全く影響を受けなかったという方もいるのではないでしょうか。
・多重債務について
借金を返すために借金をする、これを繰り返していれば利息の支払いも増えますから、当然借金も膨らんでしまいます。この状態を多重債務と言います。
多重債務で苦しくなるとヤミ金に手を出してしまう場合もあり、また多重債務による自殺・犯罪というのもめずらしくありません。ですから多重債務には絶対に陥らない様にしてください。
この多重債務に陥らないための対策法としては、借金をひとまとめにする方法や自己破産などがあります。この場合、自己破産は最終手段となりますが、ヤミ金・自殺・犯罪の道へ進むよりは自己破産という選択をした方がいいでしょう。
ですが多重債務の問題というのは人に話しづらいため、一人で抱え込んでしまうことも少なくありません。しかし現在は、借金問題の無料相談ができる国民生活センターや日本クレジットカウンセリング協会といった公的機関もたくさんあるので、決して一人きりで悩まないでください。
また、法テラスという機関でも無料相談を受け付けています。
PageTopへ